2020年03月10日

介護と尊厳

現在老犬の介護中です。
ふと、先代のシェルティーは自力で立てなくなっても排泄をしようと外へ出たがっていたのを思いだしました。また、ギリギリまで排泄を我慢していたことも。
寝たままシートに排泄することはとても嫌なことだったんだろうなと。

排泄を自力でするということは生きる上でとても価値の高いことなんだなとあらためて思います。
なので今回はできる限り自力でさせてやりたいと思います。
できる限りいつも通りにすることにしました。

posted by トミヤマジュンコ at 11:04| 犬たち