2021年01月31日

挑戦

上野で開催されている吉田博展が盛況のようですね(行きたい!)

img344.jpg
思うところあって、アウトラインを強調して描いて見ましたが、もうちょっと工夫が必要ですね。
こんな感じになるということはざっくりですが掴めました。
posted by トミヤマジュンコ at 14:25| Draw and Tools

2021年01月28日

鼻が効くんです

今年は色々と「ご縁」を感じることが多いです。ありがたいことです。

img343.jpg

話は変わりますが、私のtwitterアカウントも素晴らしいアーティストたちとの出会いを形に残すことを目標の一つに掲げてきましたが、開設から2年あまりで世界中の凄腕アーティストのリストが出来上がりました。
まだまだ拡張しますよ!

twitterアカウントをお持ちの方でしたら私のアカウントからリスト「Artists」をご覧いただければと思います。
https://twitter.com/pq557087
我ながらいい選択眼だと思います。はい。
どこか私をキュレーターとして雇ってくれないかしら! いい仕事しますよ!!


My twitter account's list "Artists" is expanding now. It contains great Artists. I proudly recommend it.
https://twitter.com/i/lists/1055334503097413632
posted by トミヤマジュンコ at 11:26| 日々のつれづれ

2021年01月26日

それでも私は見たい

現在こちらはさくらのブログを利用していますが、いよいよさくらインターネットもブログの新規受付を3月で停止するとの知らせが。

338b.jpg

現在解説しているブログは維持されるとのことですが、過去のサーバサービス系のブログサービス終了劇を思いますと「さくらもいよいよか」の感があります。いずれはサービス終了の事態になっても致し方なしと納得はしています。
そして個人ホームページもブログと同じくらいオワコンな昨今ですね……。

さて、ここ最近陶芸作家さんのSNSやらブログやらを拝見している日々なのですが、やはりというかホームページのない作家さんの多さに驚いています。
その代わりにfacebookなどが使われていたりもしますが、個人的にfacebookやinstagramはその閉鎖性から作家のプロモには向かないのではないかと思います(ツイッターはこれらに比べると自由度が高く、まぁまぁ使えるのではという印象です)。

しかして今なお、個人の趣味趣向全開で作れる個人ホームページこそがその作家の有り様を伝える最適のツールだと私は思うわけであります。
ですからこそ作家各位には是非ともホームページを作っていただきたいと思うのであります。どうでしょうか!
posted by トミヤマジュンコ at 15:12| 日々のつれづれ

2021年01月18日

図録

今月から開催の吉田博展の図録が届きました。

IMG_6547.jpg

三月の終了までにコロナが収まったら見にいきたいです。切に……。
posted by トミヤマジュンコ at 14:23| 日々のつれづれ

2021年01月17日

HONDA学園2021 一年生と校長先生

339a.jpg

339b.jpg

F1ホンダ学園は今年でラストになるのかどうかわかりませんが、とにかく今年こそぶちカマしていただきたいものです。
posted by トミヤマジュンコ at 15:10| F1

2021年01月15日

ご長寿

我が家の老犬、元気です。今年推定年齢20歳になります。
338a.jpg
posted by トミヤマジュンコ at 14:47| 日々のつれづれ

2021年01月14日

どうなんでしょうねぇ、コロナ

コロナ問題ってあちこちからの要望が多すぎて何が問題の本質かわからなくなっていますが、ことこの段階に至っては、医療崩壊しなければ経済を動かしながら緩やかに集団免疫獲得に向かえる希望もあるわけで、だとしたらするべきことは医療資源の効率化なのではないのかなと思うのであります。
イギリスやフランスを見ても、ロックダウンは効果ないですよね。

そのために診療所やクリニックでも診察できるように分類の見直しとかも必要でしょうが、医師会からまま垣間見える「開業医の体制や負担は変えずにこのコロナを乗り切りたい」という考えもちょっと変えないと「大病院にばかり負担がかかり過ぎ=医療崩壊」は不可避かな、と。
コロナばかりが病気ではないので。というか他の疾病の方が断然多いのですから。

医療関係者へのワクチネーションが進んだら「重傷者は大病院、それ以外は地域医療の輪番制and|or訪問診療で診察&経過観察」で振り分けるのが一番いいような気がします。
それを実現させるには患者側の意識改革も必要ですけどね。
「コロナが伝染るからあのクリニックにはいかない」とか言わないことですね。
この事態では自分がすでに感染しているかもしれないんだから、最早そういう考えに意味はないですし、そういう利己的かつ排他的な考えは自分で自分の首を絞めることになりませんかねと。


img336.jpg
うーん。絵筆が迷走中です。
posted by トミヤマジュンコ at 13:16| 日々のつれづれ

2021年01月10日

大変誠に残念ですが

今月から東京都美術館にて開催の「吉田博展」を見に行くことを諦めました。

img334.jpg

悔しいー! ですが仕方ないです。
万が一の時に周りに迷惑をかけてしまう方が辛いので。Covid-19のバカバカバーーーカ!

ということで目録を早速ポチりました。
posted by トミヤマジュンコ at 14:38| 日々のつれづれ

2021年01月05日

お正月のテレビ三昧

毎年お正月の楽しみといえば実業団駅伝と東京箱根間往復大学駅伝競走ですが、今年はNHKの再放送 

バレエの王子になる! 世界最高峰ロシアバレエ学校の青春
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=20090

が大変面白かったです! 
番組中、繰り返されるニコライ校長の「努力、努力、努力」「努力のできないものは生き残れない」の言葉。
そして、抜群の素質を持ちながらもその努力ができないキリルに対して校長が言った「君を褒める人は君の敵だ」という言葉が重かったです。この一言でニコライ校長は本当にキリルのことを思っているのだとわかりました。
この一言。若いうちはこの言葉のありがたみがわからないだろうなぁ。

そして技術面以前にダンサーとしての容姿がそのキャリアを決めるシビアさ。
日本人を母に持つアロンは身長の不足からニコライ校長から「体を大きく見せろ。自分を惨めに見せるな」という叱責を受け、「彼が舞台に現れた瞬間、客席からは笑いが漏れるでしょう」「彼にはロシアでは王子の役はありません」と言い切られる厳しさ。しかし同時に「すぐに彼の技術が観客を魅了するだろう」とも。
常に才能と努力を求められるシビアな世界。しかし才能を持ち努力を厭わないものにはそれにふさわしい称賛が与えられるシンプルな世界。勉強になります。


そして今夜のプロフェッショナル〜仕事の流儀の吉田都特集です
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=27303

楽しみ〜〜!




posted by トミヤマジュンコ at 15:27| 日々のつれづれ

2021年01月01日

2021

2021nenga2.jpg

本年もどうぞよろしくお願いいたします
posted by トミヤマジュンコ at 13:50| 日々のつれづれ